糖尿病食の宅配サービスを上手に活用【栄養士による栄養相談】

食事療法を導入

食卓

宅配で糖尿病食を届けてくれるサービスを利用すれば、面倒なカロリー計算も不要になります。持病が悪化をしないように食事療法をしなければいけないけど、ちょっと大変という時に利用をすると食事作りの負担も軽減させることができます。

詳しく見る

健康を守る食事

和食

最近の腎臓病食は宅配サービスで注文をすることができ、しかも美味しいということがあります。塩分計算もしっかりされているので安心ですし、摂取しすぎることもないので、カロリーや塩分計算に振り回されることもありません。

詳しく見る

進行を防ぐことができる

食事

栄養士に相談できる

腎臓は、血液中の老廃物を取り除く役目があります。腎臓が悪くなると老廃物がたまり、いずれ人工透析が必要になります。塩分やタンパク質、カリウムの数値を取りすぎは悪化につながるため、制限する必要があります。食事療法を行うことで人工透析になることを防ぐことができるため、腎臓病食を宅配で頼むとよいです。血液検査の結果により塩分等摂取する量が決まりますが、腎臓病食の宅配を利用すると、計算に基づいた食事を食べることができるため安心することができます。会社によって、腎臓病食の成分が違います。塩分の量が1グラムや2グラムから選択できるものや、全て2グラムのものなどがあり、違いをチェックするとよいです。お願いする会社を選ぶ際には、グラム数の選択肢が多い会社を選ぶとよいです。病状によって腎臓病食の塩分の量を変えることができるため便利です。腎臓病食の宅配量も、一週間分や半月分などお願いできる量が変わります。仕事で忙しい方は、なるべくたくさんの量を宅配でいる会社を選ぶとよいです。症状が進行していない方は、ごはんだけお願いできる場合もあります。タンパク質の量を抑えたごはんとなっているため、おかずで摂取するタンパク質の量を増やすことができます。栄養士による栄養相談を受け付けている会社もあります。数値が上がったときに相談できると、食事の面でいろいろ工夫することができます。相談できることにより、気持ちも楽になります。

Copyright© 2018 糖尿病食の宅配サービスを上手に活用【栄養士による栄養相談】 All Rights Reserved.